宮沢洋一 Yoichi Miyazawa official site

幼少~青年時代


宮沢家の長男として生をうけた 自民党 広島県 参議院議員候補 宮沢洋一

1950年、宮沢家の長男として、この世に生を受ける。

幼稚園時代
自民党 広島県 参議院議員候補 宮沢洋一 の幼稚園時代

近所に住む“いとこ”とつるんで、ガキ大将ぶりを発揮。
身体の線は細かったが、けんかは強かった。

小学校時代
小学校時代の 自民党 広島県 参議院議員候補 宮沢洋一

クラス中を巻き込んで起こす“いたずら”のリーダーはいつも私。
先生からは、クラスをまとめるリーダーシップは評価されず、いつも叱られていた。

中学時代
中学時代の 自民党 広島県 参議院議員候補 宮沢洋一

学校の校則で、頭は丸坊主。
休みに入ると必死に髪の毛を伸ばすものの、新学期を迎える直前には坊主頭に戻る..そんな時代。

高校時代

丸坊主から解放されると同時に、髪をのばし、当時はやりのアイビースタイルを決めこむ。
どこにでもいる高校生と同じく、音楽など華やかなものに夢中になるが、どれも開花せず、あえなくギブアップ
それでも中学時代からはじめたテニスだけは続き、休みになると仲間たちとゲームを楽しんだ。

大学時代

仲間たちと “集う”のが何よりの楽しみ。
毎晩、あきもせずに、たくさんの仲間と集い、酒をかわし、語り合った。
大学3年には、叔父喜一の衆議院選挙の手伝いをはじめて経験。今まで経験したことのない世界に身をおき、何もかもが新鮮だった。

役人時代
自民党 広島県 参議院議員候補 宮沢洋一 の役人時代

良き上司、良き部下に恵まれ、充実した日々を過ごす。
何しろ忙しかったし、勉強もした。
ハーバード大学留学時は、生まれてはじめて自炊生活。
今まで台所に入ったことがなかったが、料理のおもしろさに目覚め、訪れてきた人にお手製の“いなり寿司”などを振る舞っていた。